冬季雷の標定事例

2018.12.19 UTC 12:23

日本の冬季雷を標定した事例を示します。

日本各地にある受信局で新潟県付近の落雷を標定しました。落雷地点と受信局を緑の線で結んでいます。

また、一般に冬季雷は、日本海沿岸に発生すると言われていますが、福島県や茨城県沖の太平洋側に発生する落雷数の方が多い傾向にあります。これは、大陸からの寒気が太平洋側にくると、海水温に対して、上空の温度が非常に低いため、大気が不安定となり、積乱雲が発達するためです。



 

2018年12月22日